気分変調性障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:女性(20代)/ 無職

傷病名:気分変調性障害 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約78万円/年額 認定日請求

 

相談者の状況

ご本人の同居人からメールで問い合わせがありました。現在将来を見据えて一緒に暮らしているが、本人は以前から精神疾患を患っており、就労ができず自宅に引きこもっているため収入がなく、私(同居人)の収入だけで生活しているが医療費や薬代が高く、生活に困窮しているとのことでした。何か国の支援制度はないかと同居人が区役所に相談に行ったところ、障害年金のことを教えてもらったので詳しい内容を知りたいとのことでした。本人は外出が困難なため同居人の方に無料相談会にご来所いただきました。

 

 

 

 

当センターによるサポート内容

ヒアリングで受給の可能性はあると思い準備を進めていたところ、本人より主治医から診断書は書けないと言われたということで一時中断することになりました。その後、同居人が本人同伴で主治医に話したところ、あっさり了承が出ました(何の診断書なのかきちんと伝わっていなかったようです)。認定日と現在通院している病院が同じだったため、認定日請求を行うことになりました。診断書依頼の際に、日常生活が反映されるように書類を添付し、主治医から「病歴・就労状況等申立書」の提出を求められたため、一緒にお渡ししました。「病歴・就労状況等申立書」には日常生活や病状、困っていることなどを細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約78万円を受給されました(認定日請求)。

 

 

 

ポイント

今回は同居人の方からのご相談で、手続きも同居人の方と電話やメールのやりとりで進めることができました。精神疾患での請求は複雑で、進めている途中で病状悪化から請求までに時間がかかること(書類の取得が遅れたり、連絡が取れなくなるなど)がたびたびあるため、周りの方のサポートはとても重要になります。

 

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.10.31
    脳疾患
    高次脳機能障害 てんかんによる認定日請求で障害厚生年金2級。年間148万円の受給事例
  2. 2018.10.22
    うつ病・気分変調症
    気分変調性障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2018.10.11
    うつ病・気分変調症
    うつ病による認定日請求で障害厚生年金2級。年間121万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP