慢性腎不全による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:男性(50代)/ 会社員

傷病名:慢性腎不全 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約78万円/年額 事後重症請求

 

相談者の状況

ご本人から電話でお問い合わせがありました。15年以上前から糖尿病で治療を受けていたが、その後腎機能が低下し、現在は人工透析を行っているとのことでした。最近障害年金の事を知り、人工透析が対象になる事がわかったため年金事務所へ相談に行ったが、初診日についてなどわからないことが多く、請求をサポートして欲しいとのご相談でした。詳しいお話しを伺うために当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

当センターによるサポート内容

お話を伺うとやはり糖尿病が初診日になるため、初診の病院をあたりましたが、あいにくカルテが残っていなかったため、次の病院で受診状況等証明書(初診証明)を記載してもらいました。その病院は前医からの紹介で受診したため紹介状が残っており、初診日と初診病院を確定することができました。糖尿病の治療も続けていたので、診断書の病状を書く欄には「腎疾患」と「糖尿病」の両方を記載していただきました。病歴・就労状況等申立書には診断書ではわからない日常生活状況や症状、困っていることなどを細かく記載しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約78万円を受給されました(事後重症請求)。

 

 

 

ポイント

糖尿病から腎不全になる糖尿病性腎症の方で人工透析になる方はとても多くいらっしゃいます。初診日から何年も経っていて、カルテが破棄されて初診日の証明が難しいケースも多々あります。当時の診察券や領収書、傷病手当金や生命保険の診断書のコピーなどにも発病や初診日も日付が記載されている可能性もありますので、初診日の証明が取れない場合は確認が必要です。

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.09.19
    うつ病・気分変調症
    中等症うつ病エピソードによる事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  2. 2018.09.06
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性障害による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間110万円の受給事例
  3. 2018.08.29
    その他・難病
    ヒト免疫不全ウイルス感染症による認定日請求で障害厚生年金3級。年間58万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP