慢性心不全で障害厚生年金3級。年間約80万円の受給事例

年齢: 男性(40代)/会社員)

傷病名: 慢性心不全

決定した年金種類と等級: 障害厚生年金3級

年金額: 約80万円/年額  事後重症請求受給

相談前の状況

ご本人より電話でお問い合わせがありました。最近心臓機能障害で植込み型除細動器(ICD)を導入し、身体障害者手帳も取得しているので障害年金を申請できないかとのことでした。詳しいお話しを伺うために当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

相談から請求までの当事務所のサポート

障害認定日は自覚症状もなく病院に通院していなかったので認定日請求はできませんでした。心臓の障害は循環器の診断書を使いますが、初診の病院と現在の病院が違っていたため、日付には気を付けました。

結果

障害厚生年金3級取得、年間約80万円を受給されました(事後重症)

ポイント

現在植込み型除細動器(ICD)導入の方は3級認定になります。ただし初診日から導入までの期間が長い場合があるのできちんと初診日証明を取ることが大事になります。

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.12.17
    統合失調症
    統合失調症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  2. 2018.12.10
    統合失調症
    統合失調症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間122万円の受給事例
  3. 2018.12.05
    腎疾患・肝疾患
    末期腎不全による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間162万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP