感音性難聴で障害基礎年金1級。年額 約140万円の受給事例

男性(50代)/会社員

傷病名:感音性難聴

決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 

支給月から更新月までの総支給額:約700万円(約140万円/年額)事後重症請求

相談時の相談者の状況

耳が不自由で電話ができないということで、メールで当センターに問合せがありました。会社に障害者枠で勤務していますが、年々難聴が悪化しているため、障害者手帳は更新しているが、障害年金も受給できるのではないかという内容でした。面談を行うことになり、直近の検査結果や診断書も一緒に持参してもらうようお願いしました。

相談から請求までの当事務所のサポート

ヒアリングした結果、初診が20年以上前の障害者手帳申請時だということがわかりました。本人にその時の診断書の控えがないか確認してもらったところ、奇跡的に自宅にコピーがありました。そのコピーを初診日とし事後重症で請求をしました。

結果

障害基礎年金1級取得、年間約141万円を受給されました(事後重症請求)

ポイント

眼や聴覚の障害の場合、検査結果に基づき障害認定されるため、就労しているかどうかは基本的に関係ありません。ただし初診日を証明することが難しい障害なので初診日をきちんと確定することが大切になります。

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.12.17
    統合失調症
    統合失調症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  2. 2018.12.10
    統合失調症
    統合失調症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間122万円の受給事例
  3. 2018.12.05
    腎疾患・肝疾患
    末期腎不全による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間162万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP