完全房室ブロックによる認定日請求で障害厚生年金3級。年間107万円の受給事例

年齢:男性(50代)/ 会社員

傷病名:完全房室ブロック 

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給月から更新月までの総支給額:約107万円/年額 認定日請求

 

相談者の状況

知り合いの保険営業の方からのご紹介でした。現在は普通に就労しているが、以前心疾患でペースメーカー植込み術を行ったという方でした。以前保険会社で障害年金勉強会を行ったこともあり、たまたまそのセミナーに参加されていた営業の方から心臓ペースメーカーは障害年金受給の対象となるということを聞いたとのことでした。詳しいお話しを聞くために当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

いきなり意識喪失から倒れて救急搬送され、すぐにペースメーカー植込み術を行ったということでしたので、救急搬送された病院を初診として初診日証明書を取得しました。また初診日から1年半以内にペースメーカーを装着されたということでしたので、装着した日を障害認定日として認定日請求を行いました。病歴・就労状況等申立書には診断書ではわからない日常生活の状況や不便なことなどを細かく記載しました。

 

 

 

結果

障害厚生年金3級取得、年間約107万円を受給されました(認定日受給)。

 

 

 

ポイント

病院では身体障害者手帳の話はしますが、障害年金については話はしません。障害認定基準ではペースメーカー挿入は3級認定になります。また認定日は装着した日(初診日から起算して1年6ヵ月以内に限る)になり、今回は初診の翌日に手術を行ったため認定日請求ができました。たまたま保険営業の方から障害年金の話があったため請求できましたが、もしその話がなかったらずっと請求することはなかったかもしれません。身体障害者手帳と障害年金の連携が今後ますます必要になります。

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.11.13
    うつ病・気分変調症
    うつ病による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間127万円の受給事例
  2. 2018.10.31
    脳疾患
    高次脳機能障害 てんかんによる認定日請求で障害厚生年金2級。年間148万円の受給事例
  3. 2018.10.22
    うつ病・気分変調症
    気分変調性障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP