反復性うつ病性障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:男性(20代)/ 無職

傷病名:反復性うつ病性障害 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約78万円/年額 認定日請求

 

相談者の状況

ご本人のお母様からメールで問い合わせがありました。幼少の頃、両親が離婚し母親と2人で暮らすようになり、小学校3年生頃から不登校になり、20歳を過ぎた現在もまだ高校には在籍しているが卒業ができないとのことでした。日常生活はほぼ自室に引きこもっていることが多く、症状が完全に慢性化しているとのことでした。お母様が障害年金のことを知人から聞き、息子も対象になるのか相談したいということで当センターの無料相談会にご来所いただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

ヒアリングで請求可能と判断し、準備に取り掛かりました。現在の病院と初診の病院が違っていたため、受診状況等証明書(初診日証明)の取得が必要でしたが、お母様も就労していて忙しく、本人も外出が困難だったため、こちらで受診状況等証明書を取得しました。認定日も現在と同じ病院だったため認定日請求を行いました。診断書依頼の際には、日常生活や就労が困難な状況、日常生活で困っていることや病状が反映されるように書類を添付しました。また「病歴・就労状況等申立書」には日常生活や就労状況、そのほか困っていることなどを細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約78万円を受給されました(認定日請求)。

 

 

 

ポイント

今回は認定日と現在が同じ病院だったため、同時に診断書を依頼でき、また出来上がった診断書に不備がありましたが、病院側もすぐに追記していただきスムーズに請求することができました。同じ病院に長く通院していると障害年金の請求も認定日請求がしやすくなり、また請求までの時間や手間も短縮できるため、大変有利になります。

 

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.12.17
    統合失調症
    統合失調症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  2. 2018.12.10
    統合失調症
    統合失調症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間122万円の受給事例
  3. 2018.12.05
    腎疾患・肝疾患
    末期腎不全による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間162万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP