双極性障害のよる認定日請求で障害厚生年金3級。年間58万円の受給事例

年齢:男性(20代)/ 無職

傷病名:双極性障害  

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給月から更新月までの総支給額:約58万円/年額 認定日請求(事後重症は2級)

 

相談者の状況

以前当センターで請求サポートした方からのご紹介でした。高校、大学と同じでサークル活動も一緒にされていたようで就職してからもたびたびお会いする仲だったようです。3年前に新卒で入社した会社を3ヶ月ほどで精神疾患から休職になり、その後一度も復職できず退職したとのことでした。以前一度ご自身で障害年金の請求の準備をしたようでしたが、結局請求はしなかったようです。現在生活に困窮しており、実家からの仕送りで生活しているとのことで、とりあえず当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

詳細をお聞きしたところ、発病後3年しか経過していませんが、すでに5箇所目の病院に通院していました。障害認定日時点では、休職をしていましたので認定日請求をすることになりました。病状は相当に悪いようで、ご自身では書類の依頼が困難と判断し、こちらで受診状況等証明書を取得しました。認定日時点の病院が現在通院している病院と違ったため、まず認定日の診断書を記載いただけるか確認が必要でした。ひとりでは説明することができないため、病院に一緒に同行し当時の主治医にその旨お話をさせていただきました。(認定日と現在の)診断書依頼時には、病状や日常生活がきちんと反映されるよう書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」には発病からの状況、日常生活状況や病状等を細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金3級取得、年間約58万円を受給されました(事後重症は2級)。

 

 

 

ポイント

今回は、認定日と現在とで病院が違い、主治医も違っていたため、認定日の診断書を取得するのに苦労をしました。認定日に通院していた病院とは、(いろいろ事情があり)、きちんと次の病院に転院していなかったため、当初は診断書は書けないとの返答でした。そういう事情もあり、当初は現在の病院の診断書のみ取得し、事後重症請求とのお話でしたが、当時も今と同じくらい悪かったこともあり、認定日請求が諦めきれず、診断書依頼に同行しました。結果、診断書を記載いただき(3級でしたが)、何とか受給することができました(事後重症は2級認定)。また認定日の診断書に発達障害の記載があったため、病歴就労状況等申立書は出生からの記載になりました。

 

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2019.10.09
    うつ病・気分変調症
    うつ病による認定日請求で障害厚生年金2級。年額150万円の受給事例
  2. 2019.10.01
    うつ病・気分変調症
    うつ病による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2019.09.23
    がん
    胆のう癌による認定日請求で障害厚生年金3級。年間58万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP