双極性感情障害による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間192万円の受給事例

年齢:男性(50代)/ 無職

傷病名:双極性感情障害 

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約192万円/年額(配偶者加算あり) 事後重症請求

 

相談者の状況

ご本人からメールで問い合わせがありました。15年以上前から精神疾患を患っており、就労しながら今まで治療を続けていたが改善されず休職期間満了で会社を退職したとのことでした。現在は症状悪化から自宅に引きこもっていて、最近障害年金の事を知り、請求書類をご自身で取得したが、請求方法が分からないので詳しく教えてほしいとのことでした。詳しいお話しを聞くためにご本人と奥様に当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

初診が15年以上前でしたが、以後10年以上その病院に通院を続けていたのでカルテも残っており受診状況等証明書を取得することができました。診断書の依頼の際には日常生活がきちんと反映されるように書類を添付しました。病歴・就労状況等申立書はご本人と奥様から聞き取りをし、日常生活状況や現在の症状、困っている事などを細かく記載しました。

 

 

 

結果

障害厚生年金2級取得、年間約192万円を受給されました(事後重症受給)。

 

 

 

ポイント

今回は請求から認定までに10か月近くかかりました。請求先が某共済組合だったこともあり、請求中に初診日から障害認定日までの1年6ヵ月の期間のカルテと、診断書の現症日から2年遡った期間のカルテの提出をするよう指示がありました。結果3級との認定でしたが、診断書の内容は明らかに2級相当だったため、すぐにご本人と奥様と相談し審査請求を行いました。その後1ヶ月ほどで、3級認定が覆り2級認定が認められました。審査請求がこちらの思うとおりの結果になることは簡単ではありませんが、明らかに認定基準と違っていたり、ご自身で納得のいかない場合は審査請求を行うことも必要になります。

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.10.20
    身体障害
    両側大腿骨頭壊死に伴う両側重度変形性股関節症による事後重症請求で障害基礎年金2級。年額78万円の受給事例
  2. 2017.10.13
    脳血管障害(脳出血・脳梗塞等)
    くも膜下出血による認定日請求で障害基礎年金1級。年間119万円の受給事例
  3. 2017.10.02
    その他・難病
    線維筋痛症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP