両)網膜色素変性症 左)黄斑変性症による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間208万円の受給事例

年齢:男性(30代)/ 会社員

傷病名:両)網膜色素変性症 左)黄斑変性症

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約208万円/年額(配偶者、子の加算あり) 事後重症請求

 

相談者の状況

ご本人からメールで問い合わせがありました。症状が進行し、将来のことを考え障害年金を請求したいが初診日がはっきりせず、どのように手続きを進めたらいいかわからないので詳しく知りたいとのことでした。お話を伺うため、ご本人に当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

学生の頃、念のために病院で検査を受けたことはあったが、何も異常なところがなかったため、視野狭窄や夜盲などの症状が現れてから受診した病院を初診日とし受診状況等証明書(初診日証明書)を取得しました。

認定日請求の可能性も探りましたが、その時期に病院を受診しておらず事後重症での請求になりました。病歴・就労状況等申立書はご本人から聞き取りをし、日常生活状況や症状、困っている事を細かく記載しました。

 

 

 

結果

障害厚生年金2級取得、年間約208万円を受給されました(事後重症受給)

 

 

 

ポイント

「網膜色素変性症」は症状がゆっくり進行するのでなかなか気づかず、先天性でも症状が現れてから受診した病院が初診の病院になります。

今回は病院で検査を受たこともありましたが、その時は異常がなかったため、症状が現れてから受診した病院を初診日として請求しました。

初診日が国民年金と厚生年金では受給できるかどうか変わってきますので初診日の確定はとても重要になります。

 

 

 

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.06.08
    身体障害
    パーキンソン病による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間122万円の受給事例
  2. 2018.05.30
    発達障害・知的障害
    中程度知的障害 解離性障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2018.05.19
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性感情障害による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間135万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP