ウィリス動脈輪閉塞症(もやもや病)による認定日請求で障害基礎年金1級。年間97万円の受給事例

年齢:女性(20代)/ 無職

傷病名:ウィリス動脈輪閉塞症(もやもや病) 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級(認定日)障害基礎年金1級(事後重症)

支給月から更新月までの総支給額:約97万円/年額 認定日請求 事後重症請求

 

相談者の状況

ご本人のお父様からメールで問い合わせがありました。小学校3年の頃に発病し、その後も肢体不自由な状態が続いており、1度も就労できないまま現在も家族の援助を受けながら生活しているとのことでした。身体障害者手帳はすでにお持ちでしたが、最近障害年金の事を知り請求を考えているが手続き等詳しい内容を教えて欲しいとのことでした。詳しいお話しを聞くためにお父様に当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

 

当センターによるサポート内容

初診の病院にカルテが残っていなかったので次に受診した病院で「受診状況等証明書」を取得しました。20歳前傷病ですので認定日が20歳になります。小学校3年から現在まで同じ病院に通院していたので認定日請求をすることができました。診断書の依頼の際には日常生活状況がきちんと反映されるように書類を添付しましたが、記載漏れ等があり何度か病院とやり取りをしました。病歴・就労状況等申立書はご両親から発病から現在までの状況を詳細に聞き取り、日常生活の様子や困っている事などを細かく記載しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金1級取得、年間約97万円を受給されました。

(認定日2級、事後重症1級)

 

 

 

ポイント

今回は認定日(20歳時点)が2級、事後重症が1級と等級変更がありました。診断書の内容を見ても可動域や筋力が明らかに悪化しており、現在は車いすを使用しておられます。また身体障害者手帳(1級)を取得していたことも認定日での認定がしやすかった要因ではないかと思います。

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.06.29
    発達障害・知的障害
    注意欠陥多動性障害による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間118万円の受給事例
  2. 2018.06.08
    身体障害
    パーキンソン病による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間122万円の受給事例
  3. 2018.05.30
    発達障害・知的障害
    中程度知的障害 解離性障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP