がんによる請求事例

Sさんのお兄さんから、「Sさんが癌だが、障害年金は癌でも受給できるのか?」

と懸念しておりました。Sさんは、乳がんで、症状として両手のしびれ・呼吸困難・腰痛などがみられていました。

また、Sさんは左乳房に腫瘤房があったため切除術を施術しました。

その後、抗がん剤の投与と放射線療法実施を行っていましたが、骨に転移が判明してしまいました。
障害年金の受給の可能性が高いことがわかりました。

また、条件としての保険料納付要件も満たしていました。
その後、医者の診断書を取得されました。

病歴・就労状況等申立書の項目についてしっかり確認され、必要書類の確認をした上で年金事務所に提出した後、見事受給に至ることができました。

障害等級は日本年金機構の認定医が「裁定」と言われる決定しています。
それぞれの障害に関しては下記の障害一覧からご覧ください。

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.06.08
    身体障害
    パーキンソン病による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間122万円の受給事例
  2. 2018.05.30
    発達障害・知的障害
    中程度知的障害 解離性障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2018.05.19
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性感情障害による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間135万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP