うつ病による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:男性(30代)/ 無職

傷病名:うつ病 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約78万円/年額 認定日、事後重症請求

 

相談者の状況

ご本人から電話で問い合わせがありました。発病してから思うように仕事が続かず、現在は無職で自宅で引きこもり状態とのことでした。ご自身で請求するつもりだということでしたので、電話で請求をする際の必要書類や流れをお伝えしました。しばらくして詳しい話を聞きたいとご連絡いただき、無料相談会に来ていただきました。その時もまだご自身で請求するとのことでしたが、数日後やはりひとりで手続きするのは体調も安定せず難しいということでサポートをお願いしたいとご連絡をいただきました。改めてお話を聞くため、再びご来所いただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

お話しを聞いたところ、初診の病院に認定日時点の通院していたため、認定日請求をすることになりました。しかしその病院の医師が障害年金についてあまりご存知なかったため、診断書の記載は今からは出来ないと拒否されました。理由について病院に連絡したり記載いただけるよう訪問したり、現在通院している病院の主治医から意見書などをいただき、どうにか記載していただくことができました。診断書作成依頼の際には、認定日、現在ともに日常生活状況がきちんと反映されるように書類を添付しました。病歴・就労状況等申立書には診断書ではわからない日常生活状況や症状、困っていることなどを細かく記載しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約78万円を受給されました(事後重症請求)。

 

 

 

ポイント

今回は認定日の時にも病状はひどかったものの普通に働いていたこともあり、認定日は認められませんでした。精神疾患での認定の場合、就労しているかどうか(就労形態含め)が審査の重要なポイントになります。

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.10.31
    脳疾患
    高次脳機能障害 てんかんによる認定日請求で障害厚生年金2級。年間148万円の受給事例
  2. 2018.10.22
    うつ病・気分変調症
    気分変調性障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2018.10.11
    うつ病・気分変調症
    うつ病による認定日請求で障害厚生年金2級。年間121万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP