うつ病による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間157万円の受給事例

年齢:男性(40代)/ 無職

傷病名:うつ病 

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約157万円/年額 事後重症請求

 

相談者の状況

ご本人から電話で問い合わせがありました。営業職に就いていた数年前からうつ病を発症しており、休職を繰り返していたが、経済的なこともあり何とか就労を続けていたようです。その後突然その会社から解雇通知を受けたが、理由に納得できず、会社側と交渉を続けてきたが埒が明かず、知人の紹介で違う会社に就職した。しかし当初の労働条件とは大幅にかけ離れていた就労環境だったため次第に症状が悪化し出勤が困難になり、休職申請のつもりが退職を強制されるようになり解雇となったとのことでした。現在は引きこもり状態で妻から多くの援助を受けて生活しているが、障害年金を受給できるか話しを聞きたいとのことで当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

お話を伺ったところ、障害状態に該当すると判断し請求の準備に取り掛かりました。初診の病院に現在も通院しているとのことでしたので、すぐに診断書の作成依頼をお願いしました。その際日常生活の状況を聞き取り書類を添付致しました。病歴・就労状況等申立書もご本人と奥様から詳細に聞き取りを行い、日常生活で困っていることや病状を細かく記載しました。

 

 

 

結果

障害厚生年金2級取得、年間約157万円を受給されました(事後重症請求)。

 

 

 

ポイント

今回は、初診の病院に現在も通院していたため比較的スムーズに請求まで行うことができました。ご本人の病状は重く、就労ができないため、イライラすることが多く、また将来への不安感からふさぎ込むことが多いため、奥様も苦労されているようでした。うつ病等の気分障害の場合、いったん症状が改善して就職してもまたストレスやプレッシャーから症状が現れることが多々あります。可能であればきちんと治療してから再就職、また復職であればリハビリ出勤から徐々に体を慣らしていくことが重要になります。

 

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2019.02.20
    腎疾患・肝疾患
    慢性腎不全による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間110万円の受給事例
  2. 2019.02.07
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性感情障害による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間111万円の受給事例
  3. 2019.01.29
    うつ病・気分変調症
    うつ病による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間157万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP