うつ病、ADHD、摂食障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間122万円の受給事例

年齢:女性(30代)/ 無職

傷病名:うつ病、ADHD、摂食障害

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約122万円/年額(子の加算あり)認定日請求 事後重症請求

 

相談者の状況

ご本人から電話で問い合わせがありました。初診日が20歳前でいろいろな病院を受診していましたが、現在通院している病院の主治医から障害年金の請求を勧められ、一人での請求は難しいため専門家に相談するようアドバイスされたとのことでした。詳しいお話を聞くため、ご友人と一緒に当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

初診が20歳前だったためカルテが残っているか心配でしたが、その後も不定期にときどき通院していたということでカルテがあり「受診状況等証明書」を取得することができました。認定日は20歳になりますが、その頃病院を受診していてカルテも残っていたので認定日請求をすることができました。診断書依頼の際に、日常生活状況がきちんと反映されるように書類を添付しました。ご本人から出生から現在までの日常生活や就労状況、困っていることなど聞き取りを行い、「病歴・就労状況等申立書」に細かく記載しました。

 

 

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約122万円を受給されました(事後重症受給)。

 

 

 

ポイント

今回は認定日が障害状態と認められず、事後重症での受給になりました。認定日の時に受診していた病院に診断書を依頼したのですが、ご本人の記憶が曖昧で、通院していた時期がずれていたので記載してもらえませんでした。改めて通院していた病院を確認し何件か問い合わせてところ、病院側から違う病院を教えてもらったりと、たどりつくのに時間がかかりました。何とか診断書を記載していただくことはできましたが、結局認定はされませんでした。昔の事なのでご本人の記憶も曖昧で時間もかかりましたが、認定日請求が可能でしたらやはり時間がかかっても請求することをお勧めします。

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.08.08
    うつ病・気分変調症
    反復性うつ病 広汎性発達障害による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間187万円の受給事例
  2. 2017.08.01
    発達障害・知的障害
    注意欠陥多動障害 広汎性発達障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2017.07.26
    脳血管障害(脳出血・脳梗塞等)
    脳梗塞による認定日請求で障害手当金受給。一時金で117万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP